シカの雑記帳

主に化粧録。気楽に読んでね。

お手入れの入り口 ブランクロマ ライト&ポリッシュ クレンジング オイル

どうもシカです。

花冷えの季節皆様いかがお過ごしでしょうか。

春先に寒いのと真冬の寒さって質が違う、前者の方が辛いなと感じていたのですが東洋医学的に裏付けがあったみたいです。

「春になって暖かくなってくると、熱を外に逃がすまいと閉じていた体もそろそろ体温を外に出そうと開放的になり、皮膚が少しずつ開いてきます。同じ水温でも冬より春の方が冷たく感じられるように、寒さ、冷気への防御が弱まり、様々な不調が出てくるのです。

よくある影響としては、風邪、ぎっくり腰、寝違え、花粉症の悪化などです。こうした不調は、慢性化しやすいので気をつけたいものです」(瀬戸先生)

引用元https://weathernews.jp/s/topics/201903/300135/

西洋医学的には寒暖差に伴う自律神経の乱れが体調を崩しやすくすると言う考えのようで、まぁどちらもあるんでしょうな。


かくいう私もウイルス性胃腸炎で数日寝込んでおりました。

めっちゃ辛かったのですが、強制デトックス&睡眠時間の充足により治った後は体がすっきりしていつもより元気な気がします。ときには強制で身体を休ませるイベントも必要なんでしょう…。きっとときメモでいうところのストレス99状態だったんだね。この表現伝わる人限られてくると思いますが。

そういえば続編が絶望的だと思われていたときメモGSについて4の発売が決定しましたね。マジでびっくりしました。令和も捨てたもんじゃないな〜(そこ?)


前置きが長くなりましたが、シュウウエムラのクレンジングオイル 今回はブランクロマです。

アルティムに感動し、値段で忖度し(使い方あってる?)少し安い価格帯のフレッシュサクラクレンジングオイルを使っていたんですが、使い切ったタイミングでリニューアルされたブランクロマが発売されたのでそちらを使うことにしました。

f:id:shika_zakki:20190416004650j:image


使った感想

めっちゃいいにおいするやん…。

公式サイトに何の香りとか書いてないのですが、百合?みたいな上品な香りです。イマジナリー炭っていうの?フレッシュサクラほど強くなく香ってくる和の香り。心が落ち着く~

クレンジングなんて実用品なんでいい香りでなくてもいい、という考えもあるとは思うんですが(というか私もそうだったんですが)、クレンジングって大体の人にとってお手入れの入り口じゃないですか。

そこを本当に気にいるものを使うことによって、その後のスキンケアの気の入り具合が変わってくるように感じます。

最初の最初を丁寧に、汚れをしっかり落とすことによって、その後の化粧水美容液乳液の工程が楽しみになってくるというか。

そもそもシュウウエムラのクレンジングを使い始めてからメイク落とすこと自体が楽しみになったんですよね。驚くほどすっきり落ちるし、なめらかなテクスチャーで香りもとてもよく、1日頑張った肌を自分で労ってる~~~感があるので。メイク落としが癒し!この感覚に出会わせてくれたことに感謝。


ちなみに使用感ですが、(しっとり)アルティム>ブランクロマ>サクラ(さっぱり) 香りはサクラがやや強めかなと感じました。ブランクロマの美白効果についてはまだ実感せず…まぁクレンジングなのでそこまで期待してないです。

どれもメイクを落とす力は確実にあり、肌がすっきりふっくらになることには変わりないので、値段と香りの好みで選んで大丈夫かなと思います。

これアルティムの記事でも書いたんですが、シュウウエムラのクレンジングについてはW洗顔が不要なため、ドラコスのクレンジングと洗顔二つ使用した場合とそれほど値段に差がないです。W洗顔本当に不要なのか?というところですが、私は不要だと感じています。そもそも脂溶性の汚れさえクレンジングで落とせば水溶性の汚れは水で落ちると思うので。そこでクレンジング剤が肌に残ると要W洗顔ということになってくるのだと思うのですが、本当にシュウウエムラのクレンジングはさっっっっぱり落ちます。メイクとともにすっきり落ちてくれるので今のところ肌トラブルもなく、乾燥することもなく使ってます。


機能も最高、香りも最高で今一番推せるクレンジングでした。

 

パンジーメイクに使えそう UZUアイオープニングライナー

どうもシカです。

 


3/14に発売されたUZU  BY FLOWFUSHI アイオープニングライナーを買いました!

f:id:shika_zakki:20190411000013j:image

 

f:id:shika_zakki:20190411000039j:image


落ちない

色目当てで買ったのであまり機能面では期待していなかったのですが、めちゃくちゃ落ちない!ものすごくモチがいいです。

 


お湯で落ちる

それなのにお湯で落ちるの?ってことですが、本当に落ちます。

常温のポイントメイクアップリムーバーよりもむしろお湯で落ちる。

 


色がいい

全13色展開でカラバリ豊富です。ブラック、グレイ、ブラウン、カーキ、バーガンディ、ネイビーあたりはよく見る色ですが、パープル、オレンジ、ピンク、イエロー、ホワイトは他ではなかなか見ない色になってます。

購入したのはパープル。

f:id:shika_zakki:20190411000034j:image

紫って私としては難しい色で、青味強めだと顔色陰るし、黒強めだとキツく見えるしでなかなか使える色に出会えず…

UZUのアイライナーのパープルは、彩度高めかつ明度も高め、そしてクリアな発色なので重くなりすぎずに可愛く使えます。

青味と赤味でやや赤が強いのも使いやすいポイント。

よくブルベの方がオレンジ使うなら赤み強めを使うといいって説を聞きますが、その理屈で言うとイエベの紫も赤み強めの方が失敗しづらいのかなと思います。

実際使ってみると顔色陰らず、目元にインパクトが入るのでいい感じです。

パーソナルカラーオータム向けの色でプラム色があるのですが、それに近いように感じました。

今流行りのイエローのアイシャドウと合わせてパンジーメイクにしても可愛いかなと思います。

 


パープル以外だとピンクもなかなか彩度高めで可愛く、ホワイト・イエローも使いどころが難しそうですが個性的なメイクが楽しめそうでした。

カーキも色素薄めメイクで活躍しそう。あとブラウンも薄めの赤みブラウンで使いやすそうでした。

 


モチもいいし筆も描きやすいので別の色も追加で購入する予定です。

ピンク、ブラウン、カーキは欲しいかな。

 


旧フローフシについては特に愛用している商品もなく、中国での商標登録でゴタゴタがあったからブランド名変更したんだな位の認識しかなかったのですが、なかなか気にいるアイライナーに出会えました。

こんなにステキな紫のアイライナーがあるのなら、ステキな紫のアイシャドウが欲しくなっちゃいますね。

勢いでトムフォードのアフリカンバイオレットに手を出しそう。

【感想】ルパンレンジャーVSパトレンジャー

どうもシカです。

ルパンレンジャーvsパトレンジャー ギャラクシー賞受賞おめでとう!

f:id:shika_zakki:20190408144407p:image

普段このブログを見ていただいている方はなんのこっちゃという話なんですが、先月まで放送していた日曜朝の戦隊モノ「ルパンレンジャーVSパトレレンジャー」がギャラクシー賞を受賞しました。

ギャラクシー賞がどういった賞であるとか詳しい事情は全くわからないのですが、もうこのタイミングしかないので私(特撮ど素人30代女性)が語るルパンレンジャーVSパトレンジャー略してルパパトの魅力を聞いてください。

聞いてくださいっつってもほとんどは後日自分で読み返して「わかる~」っていうために書く。

ちなみにど素人なので、「特撮なら常識」「いまさらそれ」な当たり前体操的な感想を書く可能性が高いですが、フレッシュな意見として受け止めてください。

ちなみにドラマも滅多に見ない(最後に見たのは「拝啓父上様」2007年放送)ので特撮どころかドラマど素人です。

以下画像は公式サイトよりお借りしています!

 


夜野魁利の魅力

f:id:shika_zakki:20190408145309j:image

ルパパトの魅力はやはり6人の若者が織りなす青春群像劇にあると思うのですが、一人一人のキャラがはちゃめちゃにいいんですね。特に特撮好き界隈ではパトレン1号こと朝加圭一郎の人気がすごかったようですが、私はやはりルパンレッドこと夜野魁利が好きです。

この夜野魁利くんはですね、とりまとめて言えば自分のせいでお兄さんがギャングラー(作中での怪物の呼称)に氷漬けにされてしまい、取り戻すために怪盗戦隊ルパンレンジャーのルパンレッドとして闘うわけです。

公式のキャラ説明

大胆不敵な食わせ者。 

一見チャラいが、頭の回転が速く、どこか憎めない。なにごとも即断即決! 

ミスは切りかえの速さでカバー。戦う覚悟を決めたら容赦はしない。

兄を取り戻すためルパンレンジャーとなった。

これにすべてが集約されていますが、一見チャラいんです。

夜野魁利を演じているのは伊藤あさひ君(19⇨撮影中に20)驚異の2000年代生まれ。見た目も金髪で超今時の若者です。

快盗戦隊の3人の世を欺く仮の姿がフレンチレストラン「ジュレ」の店員なわけですが、よくサボるし、店にいるときもお客さんと仲良く話してたりしてあんまり働いてない。

口癖は「ありがチュー」。

これが!ルパンレッドに変身するとめちゃくちゃ強いんですよ!ルパンレッドのスーツアクターさんが魅せるツボをガンガンについてきており、ちょっとした仕草がキザなんですよね。それがかっこいい。少し余裕ありげ、斜に構えて戦うんですよ。そんでもっていざという時の機転がすごい。

f:id:shika_zakki:20190408145336j:image

普段はチャラいしちょっと気だるげだけど戦う時は誰よりも強く頼りになる。

これ全オタクが好きなやつじゃん。

兄を取り戻すためにルパンレッドとなり、目的のためには手段を選ばない。

好きなエピソードとして24話「生きて帰る約束」では超回避能力を持つギャングラーと戦うことになり、一時的に運が飛躍的に上がるペンダント(ただし運を使い切ると自分が植物化してしまう)を使って攻撃を当てるわけなんですが、他のレンジャー(パトレン3号)が先に気がつくわけですね。このペンダントを使うと攻撃が当たる…でも運を使い果たしたら植物化する、どうしよう!で戸惑うわけですが、ルパンレッドはためらいなくペンダントの力を使って攻撃を当てるわけです!目的のためなら迷いなし!し、シビれる~~~~

あと34話「伝説の銃」このエピソードでもルパンレンジャーがそれぞれが取り戻したい大事な人(の幻)を撃たなければいけない試練が与えられ、他の3人は葛藤の末どうしても撃てない…ってなるところルパンレッドは兄の幻を撃つんですね。この撃つ直前の「今まで兄貴の真似してやってきたどんなことより、俺めちゃくちゃ快盗向いてるわ。だから兄貴にどんな顔されても、俺は俺のやり方で兄貴を取り戻す。」ってセリフ~~~~!

容赦ないっていうか一人だけ覚悟が違いすぎる。37話「君が帰る場所」もルパンレッドの覚悟が現れている回としておススメ。このサブタイトルのアンサーが「ない」っていうのが辛い。辛すぎない?救いを用意して!

そんなルパンレッドも、何事にも真っ直ぐなパトレン1号とのやりとりを通して変わっていったり…はそんなにしないわけですが、(これも結構斬新だな)バトルしたり協力したりして最終回には大事な人と再会できるのです。もうね、号泣。

あの振り絞るような「…ごめん…!」に涙しない人間がいるのでしょうか。こちらの情緒がクシャクシャのポイですよ。

肩肘張ってひたむきに頑張る男の子は最高です。二十歳なんてこっちから見たら少年以外の何者でもないよ。結局この真っ直ぐさにやられちゃったんだよな。

「俺のこと好きすぎっしょ」

その通りでございます。

 

 

ルパパトは一作品にルパンレンジャーとパトレンジャーという二つの戦隊が出てきてそれぞれにレッドがいるというWレッド構成になっていますが、このWレッド構成がキャラクター造形に深みを与えていると思います。

ルパンレンジャーだけだと話が重すぎるし、パトレンジャーだけだとベタな正義の味方すぎる。相反する戦隊がいるからこそルパンレンジャーのアウトローな魅力とパトレンジャーの真っ直ぐさが際立つわけです。

ルパンレンジャーとパトレンジャーは作中でも対立している訳ですが、このやりとりも非常にコミカルで面白い。グットクルカイザー(変身後のロボット)の中で争うWレッドなんてこの作品じゃないと見れないんじゃないでしょうか。

合間合間で共闘することもありますが、本格的に力を合わせたのは42話「決戦の時」デストラ戦だけです。

f:id:shika_zakki:20190408145619j:image

この42話が激アツで、語り始めると非常に長くなりますし、特撮本職のブロガーさんがまとめてくださっていてそこに全てが詰まっていたのでそちらを見てください。

私は何か書こうとして見返すたびに泣いてしまい尊すぎて言葉にできない。

 

そんでもって最後はルパンレンジャーとパトレンジャーが仲良く喧嘩しなエンド。トムとジェリーのキャッチコピーなんて平成の終わりに通じるかはさておいて、最高の終わり方でした。

 


もちろんレッド以外のキャラクターも非常に魅力的なキャラばかりなので箇条書きとなりますが一言ずつ感想。

 

ルパンイエロー/早見初美花

モー娘。工藤遥さんということで、初期は彼女目的で見ていました。やっぱり華やかで愛くるしいですね。イエローだけあってファッションがイエベ春全開。

 

ルパンブルー/宵町透真

製作サイドにオモチャにされるイケボの持ち主。彼中心の話はギャグ回の面白さも神がかってます。個人的には16話「仲間だからこそ」がギャグパートの面白さと後編のシリアスのバランス、何よりルパンレッドとのチームワーク(そしてここでもわかるルパンレッドの思い切りの良さ)を感じさせてくれるので好きなエピソードです。

 

パトレン1号/朝加圭一郎

おおきなおともだちにだいにんき!熱いおまわりさん、圭ちゃんこと朝加圭一郎。私ももちろん大好きです。てかキャラクター云々についてはもう他の方が語り尽くしてると思うのですが、顔がめちゃくちゃ可愛くないですか?恋愛回のヒロインよりも可愛くてビビった思い出。あと昭和っぽいキャラクター造詣ですが、スタイルが平成の子だよね。中の人が多分ポンコツ

朝加圭一郎と夜野魁利の関係についてはこちらのブログの方が非常にくわしく書いてくださっています。


パトレン2号/明神つかさ

ピンクヒロインなのに、あんなにエロい黒タイツ&ガンホルダーなのに、最後まで全く恋愛にからまず、ゆるキャラ命の姿勢を貫き続けたつかさパイセン。キャラソンまでゆるキャラ推してくるとは、オラビビったぞ。あえて恋愛回だとするのならば11話のルパンイエローとの百合回でしょうか。中の人が多分ポンコツ2号。

 

パトレン3号/陽川咲也

いい人ーーーー!見始めとここまで印象が変わるキャラクターもなかなかいないんじゃないでしょうか。常に前向き、明るさ120%。中の人がポンコツじゃない。

 

パトレンX/ルパンX/高尾ノエル

とってもうさんくさい追加戦士。抱えていた秘密が大したことない(ってこともないんだろうけどそこまでの流れが重すぎて比較的に「…あ~そうなんだ~」ってなっちゃう感じの)。どこまで本気かわからない天然さがいいですよね。

 


キャラの部分だけでめーーーっちゃ長くなってしまったやん…

いやほんと久しぶりにこういった心の底から熱くなれる作品に出会えて、語る相手がマジでいないので長くなってしまうよね。

まさか子持ちの友達捕まえて語る訳にもいかんしな…してるけど…なんなら友人の息子さんと直で盛り上がれる。あっこれ知らない人なら通報案件では。

さておき誇張抜きで毎回神回なシナリオ、丁寧でユーモア溢れるセリフまわしや音楽(詳しくないですけど、ジャズ調の音楽すごいマッチしていて毎回OP聴いてしまう)、レッド以外のスーツアクターさんのアクションも非常にカッコいい。

三谷幸喜さんとその息子さんもルパパトに夢中だったそうで、あ~~昔から幸喜とはわかりあえると思ってたんだよね~~(呼び捨て?)

えん on Twitter: "「二回以上繰り返して観たエピソードも少なくない」「想像を超えた、しかしこれ以上格好いい終わり方はない結末」三谷幸喜氏をしてこの大絶賛!最初の連ドラの話に戻るところも嬉しい。そして息子さん可愛い♪ (三谷幸喜のありふれた生活:934)「ルパパト」ついに最終回 https://t.co/CVWnBncSRK… https://t.co/SB7fcsdT1j"

何が言いたいかと言うと、はちゃめちゃに面白い作品をありがとうございました。最高にグッときました。

さぁGWの映画のためにキュウレンジャー見なきゃ。

 

次回からはまたコスメブログに戻る予定です!

はじめてのパケ買いファンデ ゲランレソンシエル

どうもシカです。

ゲランのレソンシエルを購入し、しばらく使ったのでレビューです。

 

f:id:shika_zakki:20190321010933j:image

つけるほどに、美しく。「レソンシエル」は、ゲランが贈る次世代のラグジュアリー ファンデーションです。

ファンデーションでありながら、天然由来成分97%*を実現。乾燥などによる肌ストレスを考慮したやさしさは、肌本来の機能を呼び覚まし、メイクをするほどに素肌が美しく変わるドラマを生み出しました。肌の呼吸を妨げることのない軽やかな付け心地。それでいて、毛穴や色ムラといった肌悩みをカバーできる高い機能性。自然な輝きを帯びたメイクしたての完璧な肌が、くすまず崩れず、16時間続きます**。

かつてない心地よさと、使うほどに高まるパーフェクト感。「レソンシエル」は、どちらも妥協することなく、美しい肌を叶えます。

斬新なオリジナルボトルは、「レソンシエル」のコンセプトとなるデュアル性と「&」を反映したもの。世界的に高い評価を得ている仏人デザイナー、マチュー・ルアヌールによるデザインです。


シェードはクール系、ナチュラル系、ウォーム系など、日本人の肌色に合わせた全10色。

【SPF20/PA+++】

*自然由来指数97%(水50%を含む) ISO16128準拠

**データ取得済み(当社調べ。効果には個人差があります。)

引用元 公式サイト

 


良かった点1 仕上がり

瑞々しいウルッとしたツヤ感のある仕上がりになります。

カバー力も割とあり、モチも16時間持続を謳っているだけあってなかなかです。

(しかしこちらについては後述する下地の存在が大きいかも…)

ちなみにカウンターで色を見ていただいて01Nでした。

私の肌色ですが、(レビューがあと送りになってしまっていますが)フォトシルクプラスを受けたことと、あと恐らくトゥヴェール継続使用&ビタミンCの摂取により若干色が白くなりました。

f:id:shika_zakki:20190321012742j:image

f:id:shika_zakki:20190321012747j:image伸ばしたところ。


良かった点2 肌に優しい

レッドシーウィードやタラ、ホワイトココアビーンエキスといった海と植物由来の有用成分が肌に潤いを与え、肌の呼吸を妨げることなく外部刺激やブルーライトから肌を守る他、プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせたシンバイオティクスコンプレックスにより、双方の機能がより効果的に作用し、肌フローラを良好な状態に整え、肌のバリア機能を高める。また、世界で信頼されている有機認証機関「エコサート」に認証された100%天然由来のミネラル色素により豊富なカラー、カバー力を実現。肌に優しいノンオイル、ノンシリコン、ノンアルコール処方となっている

引用元 https://www.fashionheadline.com/article/21910

 

花粉症でかなりデリケートな肌状態になっているのですが、肌に刺激が少ないと感じました。

メイクを落した時に肌が荒れてる感が少なく、保湿感もありました。

この感覚は今まで使った中だとシャネルのルブランコンパクトラディエンス以来です。

ミネラルファンデ感があるとのレビューを見ましたが、実はミネラルファンデそんなに持っていないのでよくわからず…

余談ですが、これ買うまでmimcのミネラルクリーミーファンデーション(リニューアル後のもの)を購入して使用していたのですが、クレンジングとの相性が悪かったのか落ち切らず肌トラブルになりました…

めったにできない顎ニキビができた。

サンプル作ってないとのことだったんで考えた挙句現品購入したのですが失敗でした。

個人的にファンデーションのサンプル作らないブランドは信用できない。

 

良かった点3 パッケージ

今まで化粧品をパケ買いしたことはなかったのですが、なによりもパケがかわいい!

パッケージに有名デザイナーを起用とのことで、ゲランの本気度が伝わってきます。

立方体じゃないリキッドファンデのパケってなかなかなくないですか?

f:id:shika_zakki:20190321011335j:image

実物の写真がどう撮っても背景などが写り込んでしまうため宣材写真で御免なんですが、とってもかわいい。このパッケージとプラス500円でポーチ・下地・キスキスのミニサイズが付いてくるキットが購入の決め手になりました。

f:id:shika_zakki:20190321011524j:image

これまだ店頭で買えるのかな?ポーチ含めなかなか使い勝手のいいキットだと思います。

 

今ひとつだった点1 香り

ムスクの香るウッディノートが、ホワイトアーモンドのトップとともに広がり、
ホワイトティーの繊細なミドルから、サンダルウッドが香り立ちます。
ホワイトムスクとトンカビーンのノートが、魅惑の香りをいっそう引き立てます。

レビューでふれている方がかなり多いのですが、香りが強い!!

普段香水つけないので何系の香りとか言えないのですが、なんかゲラン〜って感じの匂い(…)。

肌に優しい系ファンデって大体無香料のイメージないですか?私はあるんですけど、そのイメージと真逆のかなりしっかりした匂いがついてます。しかもわりと残る。2時間くらいは香ってくるので、ダメな人も多いんだろうな〜という印象。私はダメじゃないですが、正直なければ無い方が…

ノンオイル、ノンシリコン、ノンアルコールまでこだわってなぜ無香料にしなかったのかは謎。

一昨年のクリスマスコフレ、 ゴールドパレットがゲランデビューだったのですが、このパレットもなんかニッキみたいな匂いがして使いづらかった…色は最高でした。

 

今ひとつだった点2 下地を選ぶ

先述した通り、キットで購入した訳でして、ゲランの下地メテオリット バーズと一緒に使うとまぁ〜アメイジングな仕上がりになります!

ツヤが出てモチがよく崩れない。

ただし、下地を変えるとこの効果が薄れるんですよね。特にモチの部分。

ゲランの他の下地持ってないので他社の下地を色々試してみたのですが、つけたての感じが持続するのはメテオリットバーズのみでした。

そしてこのメテオリットバーズなんですが、お値段9,500円(税抜)。高っ!!!

軽率に現品買える値段じゃない。

ファンデと下地を現品で揃えると税込で18,000円ですよ。ちょっとこれはさすがに続けるの厳しい値段なので、合う下地が見つからなければリピートはしなそう。

なおブラシ6,200円もセット購入を勧められますが、ブラシは普通のファンデーションブラシで十分かと思います。私は資生堂のファンデーションブラシ131を使用しています。

 

そんなこんなでゲランのレソンシエルのレビューでした。

仕上がりはキレイで使用感も気に入ってるのですが、合う下地が見つからなかったら継続使用はどうしよ〜かな〜といったところです。

 

その他今春発売のファンデーション、色々サンプルを使用した感想をメモがわりに。

Diorフォーエバーグロウ⇨下地と合わせて使うと完成度の高い肌になるが、下地で肌が出来上がり過ぎて継続して使うと毛穴が詰まりそうな感じが気になる

シャネルルブランクッション⇨こちらも下地併用して使うと理想的なツヤ感でゲランより好きかも、ただしクッションファンデ特有のコスパの悪さが気になる

ローラメルシエ  フローレスルミエールラディアンスパーフェクティングファンデーション⇨カバー力高し、ツヤ感も出て肌がキレイに見える、発売日がもう少し早ければ購入第一候補だった

 

他エレガンスジュレファンデ、コフレドールリフォルドグロウ、MACライトフルリキッド、アルビオンホワイトニスタあたりも試してませんが気になってます。

今のところローラメルシエが第一候補です。

ファンデーションは技術の進化や流行が顕著に表れるので面白いですね。

季節ごとの新しいファンデーションとの出会いが楽しみです。

美STのブルベイエベ特集について

どうもシカです。

雑誌美stのブルベイエベ特集を読みました。

黒ひげ危機一髪並みにツッコミどころ満載というかもはや合ってる部分を探すのが難しいレベルで全部間違っています。

本当にほとんど全部間違ってます。美stのファンでこのブログを見てくださった方には申し上げにくいのですが、今回の特集ページのほとんどすべて間違ってまーす!!!

 

f:id:shika_zakki:20190318232924j:image

※一部抜粋

スキンケアもイエベブルベに分けるのが当たり前

それイエベブルベ関係ある?

 

あなたはどっちを目指す?

選べるものではないのですが…

 

美肌に対するスピリットが違いすぎてバトル勃発。

してない

 

とにかくダサいよ!日傘アームカバーとか燃やしてよしbyイエベ

言ってない

 

焼けた肌って汚くない?byブルベ

これも言われてない   

 

(イエベは)社交的で明るい

えっ??なんの話?

 

(イエベに)男の子ママ多し

マジでなんの話???

 

表紙に「イエベもブルベも~」とコピー入れてるくらいなのでちゃんと監修のもと記事を書いているのと思いきや全然見当違いの記事のオンパレード。

雑誌の特集で間違ったパーソナルカラーの知識が書かれてしまうのは悲しいかなあるあるなんですが(例・手のひらがピンクだとブルベとか)、そのレベルにも達してない、てかマジでちゃんと調べた?上に挙げた以外にもライターさんの思い込みで書かれたと思わしき文言がちらほらあるのですが…

 

出だしで辟易しつつもなんとか全文を読んだところ、美stの言うブルベイエべというのが結局のところ美白派と日焼け派を指しているというのが読み取れるのですが、じゃなんでブルベイエベって全然違う呼称を使おうと思った?

勝手に定義を変えるんじゃねー!

 

そしてなぜわざわざ対立構造にする??

ここが一番気持ち悪い。

勝手にイエベ代表として発言しないでほしい。

私のような純粋にパーソナルカラーを楽しみつつ日々のメイクの参考にしているような人間からしたらいい迷惑ですよ。

いきなりクソ間違った分類に放り込まれてしかもなぜか対立させられてるんですから。

自分のパーソナルカラー把握しているだけでこんなものに巻き込まれるなんて、貰い事故もいいとこです。

 

こんなヨタ記事ゲン●イのようなものだと思って軽く流せばよかったのかもしれませんが、雑誌の名前に「美」ってついているのが気になってしまって。

呼称の問題は置いておいて、そもそも肌の色で人をカテゴライズした上で無意味に対立させるその姿勢って果たして「美」でしょうか。

個人的には最高に下品だと思いますよ。

もう一度言いますけど、曲りなりとも「美」容雑誌として世の中に広く出版されるものに間違った情報を載せた上に肌の色で人をカテゴライズして無意味な(しかも実在しない)対立を産み出す人たちの定義した「美」ってどの程度の価値があります?

こんな記事を、しかもミドルエイジ対象の女性誌に載せるってなかなかに人をバカにしすぎだと思いますね。


もっと楽しいブログを書く予定だったのですが、あまりにも内容がひどかったので。

美stとその母体であるSTORYももう読むことはないでしょう。

勝手にマッキー使って白髪塗っててくれ。

ピンクが似合わない全ての人に捧げるピンクリップ メディアブライトアップルージュPK−03

どうもシカです。

突然ですが皆様ピンクのリップって持ってます…よね?

女子たるものそりゃ持ってるっしょ!

えー私持ってません!

マジのマジで一本も持ってなかったんです。

なんでかって言うと似合わないから。

ピンクをつけると白浮きするか唇の色に吸収されるかの二択でした。

パーソナルカラー的な問題や元々の唇の色等諸々理由はあると思うのですが、とにかく似合わないんです。

購入したことはおそらくあったんでしょうが、記憶からなくなるくらい似合うピンクリップに出会ったことがなかったんです。

最近においてはもはや購入する選択肢になく、もっぱら赤オレンジベージュブラウンしか見てませんでした。

 


と、こ、ろ、が!

最近使えるピンクリップに出会えたんです!

それがメディアブライトアップルージュPKー03

f:id:shika_zakki:20190313001455p:image

ひと塗りで見たままの色が美しく発色し、しっとり感と華やかな色付きが持続する大人の口紅。輪郭が描きやすく、塗布後は唇に溶け込むようになじみ縦ジワをカバーします。ファミリーマート限定色のPK−03は、ピンクとオレンジのニュアンスをもつ色味で肌の白さを際立たせます。

色名チューリップピンク。

 

f:id:shika_zakki:20190313001551j:image

うっわかわいい。

しかもオレンジとピンクのニュアンスとは、ありそうでない色じゃないですか。

3/5発売なのですが、発売前からリリースを眺めて心待ちにしておりました。

ファミリーマート限定色ということで、月末まで待てばLINE pay20%還元&200円クーポンで安く買えることはわかっていたのですが、我慢できなかった。

発売後即購入。

さっそく塗って見たところ、つ、使える…!

まず白浮きしない、そして肌の色(イエベです)とケンカしない、さらになによりも唇の色に負けずちゃんとピンクだーーーー!!

えっピンクなのに浮かずに使える???しかも青くならない?

あまりの事態に軽く混乱しました。

感覚でいうと色の配合が赤5オレンジ4白1くらいなんですよね。

一般的なピンクリップってどんなに少なくても白2くらいにはなってるんじゃないかな!?

(※完全に感覚なのでふーん、って感じで聞いてください)

ギリギリのところでちゃんとピンク!

ピンクだ…私ピンクリップを塗っておるぞーー!

 

f:id:shika_zakki:20190313001607p:image

f:id:shika_zakki:20190313005719p:image
正直私の唇だとRD−02に近い発色になったのですが、それでもいい、君は立派なピンクリップだ(私にとっての)

f:id:shika_zakki:20190313005736j:imagef:id:shika_zakki:20190313005741j:image

手がガッサガサでお見苦しくてすみません…乾燥しすぎて二枚爪になる体たらく(ケアしろ)


タイトル“全ての人へ捧げる”は言い過ぎた感ありますが、ピンクリップが白浮きして似合わない方は試してみる価値があると思います。

ただし彩度高めではあるのでその辺苦手な方は気をつけたほうがいいかも。

艶や色持ちは普通に悪くなかったです。

1,000円以上するだけあって、ちふれ位の価格帯のリップからする原料臭もなかったよ。

とにかく繰り返しますが色が最高でした。

 


かなりはしゃぎすぎてしまったのですが、普通にピンクリップが似合う人はポカーンでしょうな。

まぁとにかく絶対似合わないと思っていた色が使えるって嬉しいよね、って話でした。

あとはアイシャドウにおける紫を見つけたいなー。

SUQQU 伊勢丹限定アイアンドチークパレット101桃紗光

こんばんわ、シカです。

伊勢丹メイクアップパーティに行ってきました。

3/11までなのであと少しで終わってしまうのですが、SUQQUのアイアンドチークパレットを購入したので取り急ぎレポを。


101 桃紗光

きらめくシャイニーピンクと目元に奥行きを出すオレンジの2色アイシャドウと、透明感とほんのり染まる印象を演出するチークをセットしたカラーコンパクト。

f:id:shika_zakki:20190310010628j:image


これメイクアップパーティのデジタルカタログの画像なんですが、なんていうかちょっと地味?かなと思っていたんですね。

現品見たらとんでもなかった。いい意味で。

 

f:id:shika_zakki:20190310010706j:image

f:id:shika_zakki:20190310010742j:image

f:id:shika_zakki:20190310010716j:image

めっちゃめちゃキラキラしてるーーー!

 

f:id:shika_zakki:20190310015918j:image

f:id:shika_zakki:20190310015922j:image

ってかピンクについてはもはやギラついている。

大粒のピンクラメ!きらめくシャイニーピンクの座は伊達じゃない。

キラッキラです。


あとオレンジ。

ピンクほどではないけれどもラメ感強し。

ここで気がついたのですが、

色名の“桃”について、桃の花の方ではなく果実の方なんですね。

白桃と黄桃。そんな印象。とってもジューシー(なんだこの感想)。

 

f:id:shika_zakki:20190310010844j:image
そんでもってチーク。

ほんのり青みピンク?パープルがかっています。

かなり重ねてつけても発色はほんのり、でも確かなピュアピンクになります。

そんでもって偏光パールが効いているのでツヤッツヤになる。

ピュアピンク×ツヤッツヤ=透明感爆発だよ。

チークとハイライトの中間っぽさを感じました。

Diorのスキンヌードホロピンクとか資生堂のインナーグロウチークメデューサピンクとかあの辺の感じ…って伝わりますでしょうか。

個人的な感想といたしましては、これだけでチークを済ませようとすると物足りないような気持ちになるけど、意外と成立した!?!ってか目元が派手なのでこれくらいにした方がいいし、偏光が思いの外派手でむしろかなり盛れてますよって仕上がりになりました。


アイシャドウの方は2色なのでそれほど使い方に幅はないのですが、ピンクとオレンジ重ねてよし重ねなくてもよし。

イベントでBAさんたちが皆このパレットでメイクされていたのですが、とっても華やかでした。

まさに桃源郷

 


アイシャドウとチークがコンパクトにまとまっているので旅行なんかにちょうどいいなーこんな使い勝手が良さそうなパレット限定にするのはやめてほしいなー、とか思いながら買いに行ったのですが、派手すぎて使い勝手はそんなによくない(個人的に完全に休日用)と思いましたし、その使い勝手のよくなさを打ち消すくらい破壊力のあるかわいさで、なるほどさすがメイクアップパーティ限定じゃねーのと感じました。(なんで急に跡部様?)

 


イベント限定ではなく伊勢丹限定ということなので、イベントが終わっても在庫がある限り伊勢丹で買えるんじゃないかなと思います。多分。

その場合電話で代引きとかも出来る…んですかね?全てにおいてあやふやですみません。

定番品と違う金型だと数が少ないことで有名なSUQQUですが(私調べ※15周年アニバーサリーコンパクトの傷が癒えていない)今回このパレットについては結構な量を用意してあるとBAさんが誇らしげに語っていたので、気になる方は問い合わせてみる価値ありだと思います。

 


余談ですが、キーボードを導入して打ちやすくなったのはいいのですが、かなり素の口調に近くなってしまい我ながら鬱陶しさを感じますね。

次回はこのパレットにぴったりなピンクリップを見つけたので、それについて書きたいと思ってます。